伝えていきたい→実践していく

スポンサーリンク
今日にも届く展望と開運2016
一日ぐらい早く届かないかとamazonの発送ページを確認したりしていましたが、
よく見たら無料サンプルで村山先生の前書きあたりが読めることに今頃気付きました。
昨日寝る前にそれを読ませていただいていたのですが
何だか涙が出てきて、ぐっときました。
村山先生をよく御存じの方はおわかりだと思いますが、
いつも茶目っ気のある大らかな先生が、
内心では一人いつもファイティングポーズで孤軍奮闘しておられた、と思うと
胸がいっぱいになります。
村山先生の教えて下さるお話は、多分本来易者さんの学校などで教えてもらおうとしたら
ものすごい秘伝のようなことも教えてくださっていますが
それもひとえに、私たち一人一人が、生きる、と言うことに対して
もっと誠実に向き合って欲しい、というお気持ちからだと思っています。
国連の中でも政治の中でも変えられなかった。
そんな思いから今の活動へと切り替えられた「思い」をしっかり受けとり、
古来中国より受け継がれてきた生き方に対する智慧を
もっと多くの方が知って活用してもらえるようにしていきたいな、と感じました。
【追記】後でよく考えたら、タイトルに書いた「伝える」という言葉は違うかな、と感じました。
私たち一人一人が活用して実践していけば、自然と周囲も変わる、ということが
村山先生のいつも話して下さるお話。
いかに伝えるかではなく、いかに一人一人が実践していくか、だったな、ということで
追記修正。