占い依存

スポンサーリンク

興味深い記事を読みました。

【エキサイトニュース】占い依存に陥ってしまう女性の心理

占いでよくない日は彼とのデートもキャンセルしてしまうそうです。

喧嘩してしまうのが怖いのだとか。

確かに相手がいれば、意見が食い違ったり

些細なことで喧嘩は起きたり、ということは考えられるし、

たった一言のせいで大ごとに発展してしまうことは

ブログやツイッターの炎上でもよくあること。

そして誰しも人と積極的に喧嘩したい人もいなければ

炎上を起こしたい人もいないはず。

そうなればトラブルを避けたいのは必然。

凶方移動、凶名前で人を怒らせやすかったり、

信用を一気に失っていく、という作用はありますので

そういうことは吉方移動をして凶作用を帳消していくことや、

名前も吉名前に変えていくことが必要になってくる。

でもそうでないなら、トラブルが起きれば

ごめんなさい、と謝罪する。

これに尽きると思います。

反省して改善していけばいいと思います。

簡単ではないこともあるだろうけれど、

謝罪しても許してもらえないかもしれない。

恋人と別れてしまうことになるかもしれない。

それでもそれを招いたのは自分であることを自覚し、

離れる人はそれまでの人。

本当に自分にとって必要な人で

自分と見合う人であれば、

戻ってくるはず。

反省して前進していくしかない。

暗闇に閉じこもって穴に落ち込んでいては腐らせてしまう。

苦しくても頑張ろうと周囲を見渡してみる。

何も一人で歯を食いしばって頑張らなくてはダメ、というわけではない。

誰かに相談してみることは、

こういう穴に落ち込んだときには最適。

自分は一人でない、人のありがたみを感じるときであることを一白水星が教えてくれている。

ただその人におんぶに抱っこで抜け出させてもらうのではない。

その人の手を借りながら前進しようという自分の決意が無くてはダメ。

気学でも方位が悪いと外出を取りやめる、という話も聞く。

もちろん自分一人の予定ならいくらでも吉方吉方で動いていけばいい。

でも人との約束があるなら、自分の吉方ばかり、

自分のことばかり優先するというのもおかしな話。

行くべき凶方にはそれなりの理由もあるはずだし、

何かが起これば、それで何かを気付かせてもらった、と受け止めればいいだけ。

失敗は避けるに越したことはないけれど

成長するために必要な失敗、

という考え方で乗り越えたい。

気学がわかって生活に自分の気に最適なものを選んで取り込んでいけば

心が整い、不安ばかりでさいなまれることも無くなってくると思います。

有料ですが、幸せになるための気学(社会運勢学)をメールにてお教えしております。

ご興味ある方は下記までお問い合わせください。

happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村