行動を起こしてみることの大切さ

スポンサーリンク

吉方を取る、と決めたときから物事が動いてくる。

私の学ぶ気学では、そう教わるし、実際の話もお聞きする。

また、私の学んだ気学では、今は少し体制も変化しているのかもしれないけれど、以前は、とにかくどんどん教えて、と言われていた。

その言葉を真に受けて、私も以前から少しずつ人にお教えすることをしてきたけれど、その都度失敗もしながら学ぶことも多く、やっぱりお教えすることって自分の学びにもつながるな、とは思っていました。

でも、今回の講座をやります、と告知してからの気付きはものすごいものがあって、やります、と言った当初とは全然自分の中が違っている。

こういう気付きがあるから、どんどん教えなさい、とあれだけ何度も言っていただいたんだ、とつくづく思える。

この気付きを得るために、今回講座を開かせていただくチャンスをいただいたんだとも思える。

以前気学講座の中で聞いていたお話の意味も、こういうことを伝えようとしてくださっていたんだと今さらながらに思えることもあって、今回のチャンスをいただけたことに、本当に感謝したいし、何でもやってみる、行動を起こす、ということは、必ず未来に通じている、とつくづく感じました。