凶を避けて通る?

私は、最初から村山先生の気学を勉強し始めたわけではなく、

気学を知って勉強し始めてから四カ月目ぐらいにsyouさんにメール講座を申し込み、

日々長文の質問メールを送っては回答をいただき、理解を深めていった。

その中で、最初は、気学は運勢がわかるのだから、

凶は避けて通れるもの、と思っていたのに、そうでもないことがわかってくる。

もちろん五大凶方は絶対ダメだし、五大真理の整わない名前では

自分の土台が凶になってしまっているので、どんなにいいことをしても

吉を乗せることが出来る土台ではない。

でも、やるべきことをやっていての、辛いと思えるような出来事や、

どうすればいいかわからないような状態、

というのは、次へのステップアップへの大事なスタートだとわかってくる。

すぐに吉の道ばかりを選んで、凶の道を避けたい、と思える気持ちもわかるけれど、

避けたいと思えるような道も存在してくれ無ければ発展も無い。

いかにその避けたい、と思えるような出来事があったときに、プラスの思考に変えていけるか、

簡単ではないけれど、それが自分に必要なことなのだ、と思えば

きっと乗り越えていけると思う。

もちろん、プラス思考に考えるなんて、簡単に出来るものではないし、

今更目新しい考え方でもないかもしれない。

でも、気学を勉強して日盤吉方取りを日々続けていく。

そうすれば、不思議とそのプラス思考の考えになっていけるような、

自分の気持ちだけでは切り替えることのできない

何か、が得られていると思う。

だから私は今、昨年の九月から日盤吉方取りを続けて10ヶ月ほどだけれど、

とにかく、何かこの先悪いことが起きたらどうしよう、などというようなことは心配していない。

それは別に、もう自分には吉ばかりしか起きてこないから大丈夫

などと過信しているわけではもちろん無い。

もし何か起きたとしたら、それは何か私に必要なことだから起きることであって、

何かを私に教えてくれているのだから、解決するしかないんだろうな、と思うだけだから

何の心配もしないだけ。

自然の流れに身を任せて、その場その場でやれるだけのことをする。

ちょっとだけやれる以上のことができるように頑張る。

そんなふうに思えている。

凶をただ避けて、吉の道だけ通ろうとしている人がいたとして、

本当にそんな道があるのならいいけれど、

本当にダメな凶だけを避けて、辛いことを、それも自分への課題と思って乗り越え、

トータルで見て、ちゃんと吉の人生になっていけるような、

着実に人生を楽しめる考え方が学べる

村山先生の気学、先生はそれを「社会運勢学」と言われるそうですが、

この勉強をぜひしてみられるといいと思います。

村山流気学「社会運勢学」は毎月一回程度の講義が各地で行われ、

こういう勉強会にしてはとても良心的な金額で長時間の講義を聞くことが出来ます。

マインドズーム気学塾の案内はこちら

また私もメールにてお教えしておりますので、ご興味おありの方は

よければ生年月日を添えてお問い合わせください。happy_kigaku@yahoo.co.jp