いつ幸せになれるのか

スポンサーリンク

仕事もうまくいかない、恋愛もうまくいかない、自分の人生

いつになったら幸せになれるのか?

落ち込んでいると、そんなことも考えてしまいがちです。

でもきっと今の幸せに気付かない人は

いつまでも自分はやっと幸せになれた、という満足感は得られないと思います。

例えば一時的に幸運に思える時期があったとして、それは自分の周囲、自分の外側、環境がよくなっただけ。

環境が一時的によくなってもその内側にいる自分自身に変化がなければ、

また周囲の環境が落ち込んだときには自分自身も不幸だと感じて落ち込んでしまいます。

でも不幸に見える状況でも、落ち込む中でも

小さな幸せを見つけ、感じられる自分であれば、周囲の状況がどうであれ

何も左右されず、いつも幸せな気持ちでいられるのです。

卵が先かニワトリが先か、ではないですが、

周囲がよくなれば自分だって…と思うかもしれませんが

周囲がよくなるのを待つより、自分が変わるほうが早いと思います。

自分の気持ち一つで変わっていけるのですから。

この幸せというのは、幸せと考えると、そんな幸せなこと何も無い、

と思ってしまうかもしれませんが、安心感、となるとどうでしょうか?

誰か安心できる人がいる、自分には好きな趣味がある、

何かあってもこの人が話を聞いてくれる、

これをしているときは夢中になれる、

この音楽を聴くと癒される、

そんな安心感も幸せの一つではないですか?

安心できる何かがあるという幸せを感じていると、不安になりにくく、

いつも無駄な不安にならずに進んでいけば

自然と不用意に不安にならない状況がやってきます。

何かあっても自分にはこれがあるから安心。

その気持ちがあれば、きっともっと幸せになることは出来ます。

自分を信じて。

自分はきっと不幸の元に生まれたんだ、などと思ったりすると

どんどん不幸な未来へと向かって行ってしまいます。

人は幸せになれるように生まれています。

安心して。

小さな幸せを、安心感を、たくさん見つけて進んでください。


happy_kigaku@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ

にほんブログ村