お金と目標と、九星の相互関係

スポンサーリンク

みんなお金は欲しい。

でもどうすればいいのか?

九星は五つの性質、木火土金水、

五行と呼ばれるものに分かれる。

木は、発展、行動、

火は、知恵、生き甲斐、

土は、基盤、目標達成力、

金は、経済力や成果、

水は、人間関係、家庭、健康。

このどれが欠けても幸せは感じられなくなってしまう。

でも「火」の性質である『生き甲斐』があれば、『目標』があれば、

目標達成するために何が必要か考えるようになるし、

成長発展していこうとするし、

そうすれば経済力は自然とついてくるし、

健康もよくなっていく。

よく目標ノートを作って成功された、という方の書籍が

書店でも多く見受けられますが、

これは確かに有用な方法と言える、ということですね。

目標は、お金を稼ぎたい、でもいいそうです。

でももっと具体的に、そのために自分に何が出来るのか、

何の力が足りないのか、何の知識を手に入れればいいのか、

どんどん突き詰めて考え、

目標達成の道筋をしっかり見極めて進んでいく。

ちなみに、目標、生き甲斐は火の性質、と書きましたが、

もっと気学的に見たときに、火の性質である九紫火星と木星、土星は相星です。

だから木星、土星の人は生き甲斐を持ちやすい。

生き甲斐を持てて、自分の本命星の持つ力を発揮すれば、

他の力も自然についてくる。

でも逆に、九紫火星と相星ではない、一白水星、六白金星、七赤金星の人は

それだけ、なかなか目標を明確にすることができにくい、と言えます。

だからこそ、金星の人は、九紫と繋いでくれる土星である

「目標達成の力」、「基盤」を特にしっかり明確にして動いていく。

そして一白水星の人は、九紫と繋いでくれるのは木星。

木星のどんどん「発展」、「行動」していくということを意識していく。

村山先生の九星気学ではこんなことまで教えてくれます。

気学の活用は無限大で、どこにでも応用できるし、

目標ノートもいいのはわかっていたけれど、なかなか出来ない、

そんな人もいると思いますが、

自分が何が得意で何が不得意なのか、ということは

自分の本命星が教えてくれます。

後は、何が足りないのか、足りないものを得るためには何を意識すべきか。

自分の得意なものを強めることで、足りないものへとつながる道筋も見えてくる。

村山先生の気学は本当に深いです。

学べば学ぶほど、その活用の広さに魅了されます。